> >

脱毛サロンは高級そうで敷居が高い

脱毛、というと家でできそうなイメージがある。
脱毛サロンは高級そうで敷居が高い
ゆえに家で毛抜きなり剃刀なりを使って脱毛にせこせこいそしむわけだが、世には脱毛サロンというなんとも高級そうで敷居の高そうなものがある。

サロン。
なんとも涼しそうで清潔そうで綺麗なお姉さんが対応してくれそうなイメージがある。

そしてそこは敷居が高く私の着ている服で赴いていいようなところではないように感じる。

脱毛サロンはお高いんでしょう?

それにお値段だって「お高いんでしょう?」と聞いてしまいそうになる。

「いえいえそんなことないんですよ?いまならお財布に入ってる金額で、むしろお財布なんて開かなくても」なんていわれてもどこか疑いたくなってしまう。

人間素直になれないものだなぁと感じるとともに、どこか疑ってしまうのが人間だという思いも芽生える。
また、行ったところで腕、足ならともかく背中など裸にならないといけない部分があるとおもうとどうも素直に行きたいと思えない。

脱毛サロンは勧誘がしつこそう

他にもよくありがちな、行った後の勧誘がしつこそうだ、というイメージも強い。
電話やダイレクトメールが頻繁にかかってきたり、「この機械を買えばさらに綺麗になれますよ」などと押し売りされたりしそうで怖い。

綺麗になりたいと思いつつも人にやってもらうことに若干の恥じらいがあったりもする。
そういったわけで脱毛サロンには行き辛く。私は今日も一人でせこせこと毛を処理する。

Comments are closed.